Latest Posts

スキンケアによる保湿

天然保湿因子のもととなるフィラグリンの遺伝子に異常がある場合、天然保湿因子の量が減ってしまい、水分保持力が損なわれます。そのため肌のバリア機能が低下してしまうのです。肌のバリア機能が低下してしまうことで、水分を失った皮膚は乾燥し、外部から病原菌や化学物質などの刺激物質や花粉、かび、ダニ由来の物質などのアレルゲンが皮膚を通して体の中に侵入してしまい、アレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。ですから皮膚のバリア機能が正常に働かなくなってしまうと、アレルゲンや異物が皮膚内に容易に侵入し、アレルギー反応を起こしアトピー性皮膚炎の症状を起こすことにつながります。

肌のバリア機能はアトピー性皮膚炎の改善を考える上でとても重要な要素となります。このバリア機能を整えるためには早期からのスキンケアを行い、肌をすべすべに保ち、アトピー悪化原因の侵入を防ぐ必要があります。そうすることによって、アトピー性皮膚炎の予防が期待できるのです。外用薬が処方されている場合でも、それに重ねて保湿クリームを塗り、外用薬の処方がない場合には市販の保湿クリームで自分の肌に合うものを選び、普段から肌のケアを忘れないよう心がけることが大切なのです。

アトピーとは

アトピー性皮膚炎は子供の皮膚病の大半を占めると言われています。ですので一般的にその名前も知られ、症状に苦しんでいるという方の声もよく聞きます。アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気で、そのほとんどの場合、発症は乳幼児期に起き、症状の改善と悪化を繰り返しながら成長と共に自然に治癒していきます。しかし、最近では大人になってもアトピー性皮膚炎が治らず、中には重症化したり、いったん治っても再発するようなケースも多く見受けられるようです。

アトピー性皮膚炎の方の多くはアトピー素因と呼ばれるアレルギー体質を持っているので、かつてはアレルギー体質であることがアトピー性皮膚炎になってしまう最大の要因であると考えられてきましたが、最近の研究ではそれを覆すような事実も発見されているようです。アトピー性皮膚炎の発症の原因としてフィラグリン遺伝子が関与しているという事実が発見されたようです。フィラグリンは皮膚の水分を保持する天然保湿因子の元となる物質で、皮膚を健康な状態に保つ上で重要な役割を果たします。この遺伝子に異常があり、その機能が正常に働かない場合、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなるようです。

スキンケアとアトピー

アトピー性皮膚炎に悩まされているという方は日本でも多く、子供の頃からアトピー性皮膚炎になってしまい苦労したという方も多くいらっしゃると思います。アトピー性皮膚炎という名前自体は有名ですが、実際はどのような病気なのかについて詳しく知っているという方はそう多くないかもしれません。また、アトピー性皮膚炎に有効なスキンケアなどについてもあまり知られていないようです。

アトピー性皮膚炎は乳幼児の時に発症することが多く、大人になるにつれて自然と治ってしまうケースも多いため、軽く考えている方も多いようですが、最近では大人になっても症状が改善されず悪化していく場合や、一度治ったにも関わらず再発してしまうというようなケースも多く報告されています。これまでアトピーの原因はアレルギーであるという説が一般的に言われてきましたが、最近の研究ではそれを覆すような結果も出てきています。アトピーの原因を正しく知ることは、症状を改善する上で最も重要なポイントとなってきます。

また、アトピーの症状改善の為に必要な肌のケアについても知っておく必要があります。アトピー予防に対して有効的に働いてくれる肌のバリア機能というものも、とても重要な要素であり、本来持っている肌のバリア機能を正常に働かせるにはどうすればいいのかという部分については是非理解しておきたいことです。当サイトではアトピーと肌のバリア機能について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。