アトピーとは

アトピー性皮膚炎は子供の皮膚病の大半を占めると言われています。ですので一般的にその名前も知られ、症状に苦しんでいるという方の声もよく聞きます。アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気で、そのほとんどの場合、発症は乳幼児期に起き、症状の改善と悪化を繰り返しながら成長と共に自然に治癒していきます。しかし、最近では大人になってもアトピー性皮膚炎が治らず、中には重症化したり、いったん治っても再発するようなケースも多く見受けられるようです。

アトピー性皮膚炎の方の多くはアトピー素因と呼ばれるアレルギー体質を持っているので、かつてはアレルギー体質であることがアトピー性皮膚炎になってしまう最大の要因であると考えられてきましたが、最近の研究ではそれを覆すような事実も発見されているようです。アトピー性皮膚炎の発症の原因としてフィラグリン遺伝子が関与しているという事実が発見されたようです。フィラグリンは皮膚の水分を保持する天然保湿因子の元となる物質で、皮膚を健康な状態に保つ上で重要な役割を果たします。この遺伝子に異常があり、その機能が正常に働かない場合、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなるようです。