スキンケアによる保湿

天然保湿因子のもととなるフィラグリンの遺伝子に異常がある場合、天然保湿因子の量が減ってしまい、水分保持力が損なわれます。そのため肌のバリア機能が低下してしまうのです。肌のバリア機能が低下してしまうことで、水分を失った皮膚は乾燥し、外部から病原菌や化学物質などの刺激物質や花粉、かび、ダニ由来の物質などのアレルゲンが皮膚を通して体の中に侵入してしまい、アレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。ですから皮膚のバリア機能が正常に働かなくなってしまうと、アレルゲンや異物が皮膚内に容易に侵入し、アレルギー反応を起こしアトピー性皮膚炎の症状を起こすことにつながります。

肌のバリア機能はアトピー性皮膚炎の改善を考える上でとても重要な要素となります。このバリア機能を整えるためには早期からのスキンケアを行い、肌をすべすべに保ち、アトピー悪化原因の侵入を防ぐ必要があります。そうすることによって、アトピー性皮膚炎の予防が期待できるのです。外用薬が処方されている場合でも、それに重ねて保湿クリームを塗り、外用薬の処方がない場合には市販の保湿クリームで自分の肌に合うものを選び、普段から肌のケアを忘れないよう心がけることが大切なのです。